買取大魔神 ポイント・Getter

電動工具・買取No.1・買取大魔神ポイント・Getter 地上最強買取挑戦中!

買取依頼No.1 0120-509-337 営業時間 9:00~22:00 ※各店舗で営業時間が異なります。店頭受付は19:00まで ※WEBからのお申込みは24時間受付中

無料査定!はこちら WEBからのお申し込みは24時間受付中

よりより工具を知るために 工具の歴史

工具の歴史とは?

昔から生活の中でより効率的に生活する為に、
必要になったので、様々な工具が開発さてきました。

プライヤー

この例は、火ばさみの開発で見られることができる。最初、人々が熱い火の中から何か(例えば岩)を取り出す必要があった時、彼らは一組の棒を多分使ったであろう。そして、ある日、誰かが、棒の中心点でつるで縛られていれば、岩をつかむことがより簡単であると考えた。この人がした事はプライヤー※1を発明したという事である。そして、その後人はそれ以来ずっとプライヤ※1を改善している。

最初にスパナが作られた時、どの同じサイズのナットにも合う工具ではなかった。それは各々の工具は特定の鍛冶屋によって生産され、その鍛冶屋のナットやボルトに合わせられていた。生産者は地元の鍛冶屋であり、彼のネジ回しは彼が製造したネジに合い、彼のスパナは彼が製造したナットまたはボルトにのみ合っていた。

大きな問題として、ひとつの町の鍛冶屋は締め金具を1サイズとし、そして、別の鍛冶屋は異なるサイズとした。各地を移動する便利屋はある締め金具をある町で使用するが、次の町では異なるサイズの締め金具を使っていた。そしてこの事より、口幅の調節可能なオープンエンドレンチの開発が必要となった。また、何世紀もの間溝付きネジ回し(マイナスドライバー)を唯一のネジ回しとして製造する事になった。

※プライヤーとは、直訳すると「物をつかんでひっぱるための工具」です。
つまり2本の柄を握ることによって、つかんだり、切ったり、広げたりする工具です。

産業革命により、メーカーが工具の製造方法を標準化するようになる。産業革命時、メーカーはより大量に締め金具と工具を生産する事をより簡単にした。国の一部で製造される締め金具が他の地区で製造される工具に合う為には、標準化が必要であった。そしてサイズの標準化は大量生産につながり、生産単位量が大きくなりコストは引き下げられた。すぐに、工具は、生計のために使用するプロの職人に限られず、家庭で一般の人が利用できるようになった。誰でも家のまわりで作業と修理をすることができたし、彼自身の家を建設することさえ出来た。標準化は、より多くの他の工具にも及んだ。大量産生は、価格を下げ、品質の向上につながった。これにより、現在の工具は、珍しくて高価なものでなく、安価ですぐに手に入るものになった。

工具は、人類の究極のシンボルである。なぜなら、工具は人類を他の全ての動物から分離したからじゃ。動物は食物を集めるために道具を使う。しかし、一旦使用すれば動物はそれを捨ててしまう。一方、人間は使用した場合の工具だけでなく、その工具をより使い易くするかより良く仕事をすることが出来るように改善しようとするのじゃ。

電動工具メーカーの歴史

makita

現在、一番元気の良い電動工具メーカーと言えば「マキタ」ですよね。
そのマキタが電動工具を始めたのが昭和30年代です。
それまでは「牧田電機製作所」と言って下請け会社ではありましたが、周りから「牧田にできないモーターはない!」と呼ばれるほど、ひたすらモーターを作っていました。しかし、
所詮は下請け。昭和30年ごろ、なんとかメジャーになりたくて、何か電気製品でも作ろうと一大決心ししかし、いまさら家電を始めたとしても、松下や東芝にはとても勝てません。
何かいいものはないかと見つけたものが、当時一台8万円していた刃幅100mmの電気カンナ。西ドイツ製でした。
これだ!と思ったんでしょうね。

加工幅が3寸5分が削れるように刃幅を120mmのして早速試作・完成して定価29800円。
しかし、この電気カンナ発売当初はなかなか売れなかったそうです。
理由は、「大工さんの日当の3ヶ月分という高額」と言われていましたが、本当はもっと大きな理由がありました。

当時としてはお値打ちな電気カンナを開発するまでは良かったんじゃが、販売網を一切持っていなかった下請けモーター製造会社である牧田電機製作所は、商品のPRするノウハウを持ってなかったんじゃな。最初は電気カンナを自転車に積んでマキタの職員が現場を回ったそうじゃ。

マキタの沿革

1915年(大正4年)3月 牧田茂三郎がモーターの販売修理を業とする個人商店「牧田電機製作所」として創業。
1938年(昭和13年)12月 法人化して株式会社牧田電機製作所となる。
1958年(昭和33年)1月 日本で初めて電気カンナを製造し、モーターの販売修理から電動工具の製造販売へと進出した。
1962年(昭和37年)5月 株式会社マキタ電機製作所に社名変更。
1962年(昭和37年)8月 名古屋証券取引所2部に上場。
1968年(昭和43年)8月 東京証券取引所、大阪証券取引所各2部に上場。
1970年(昭和45年)7月 東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所各1部へ指定替え。
1982年(昭和57年)2月 ルクセンブルク証券取引所に上場。
1991年(平成3年)4月 株式会社マキタに社名変更。
1998年(平成10年)6月 ルクセンブルク証券取引所の上場廃止。
2003年(平成15年) 大阪証券取引所上場廃止。
2006年(平成18年)1月 兼松日産農林株式会社より自動釘打機事業を譲受。
2007年(平成19年)5月 富士ロビン(現マキタ沼津)子会社化。
2013年(平成25年)4月1日 子会社の株式会社マキタ沼津を吸収合併(予定)。

関西出張エリア

※上記エリア内でもお伺いできない場合もございます。
また商品の内容によってはエリア外の地域へもお伺いする事もございます。まずはお気軽に何でもご相談下さい。

宅配買取専用

無料の宅配買取キットを取り寄せよう!

送料無料の着払い伝票
  • 段ボール小:
    425(幅)×235(長)×250(高さ)
  • 段ボール中:
    530(幅)×390(長)×360(高さ)
  • 段ボール大:
    545(幅)×395(長)×590(高さ)

買取査定ポイント

  • ①清掃!
    電動工具はハードな現場で使用されるため、汚れがちです。
    買取の前に泥や油汚れなど、カンタンに清掃ができるところは、
    キレイに掃除をして頂けると買取査定額はUPします!
  • ②付属品完備!
    ご購入された新品状態に近ければ近いほど良いです!
    電動工具の取扱説明書、付属品はお忘れなく。
    付属品は商品の需 要や、市場価値、状態と並ぶ買取査定の際の重要なポイントです。※ご依頼 される前に全てそろっているか、ご確認ください。
  • ③まとめて依頼!
    一つだけ工具をお売り頂くよりも、
    複数個まとめてご依頼頂ければ、買取査定額がUP!
    是非、たくさんの商品をご依頼下さい!
  • ④売るタイミング!
    電動工具の機能は新機種でも大きくは変わりませんが新機種が発売されると、どうしても買取価格は下がってしまいます。
    倉庫に眠らせていて も、市場価値は下がる一方ですので、
    使用されなくなった時が最大の売り時です。
  • ⑤未開封商品!
    未開封と開封品では買取額が異なってまいりますので、
    新品に関しては 未開封が一番です。また、保証書に店舗印が押されているかも見積もりに 影響いたしますので、お教えください。
    電動工具は新品と中古の査定額に大きな差が出ます。
  • ⑥状態!
    電動工具はどうしても汚れやキズが付きやすい商品です。
    査定金額は下がってしまいますが、ありのままの状態をお伝え下さい。
    お客様のご期待に応えて精一杯高価買取をさせて頂きます。

買取大魔神ポイント・Getterなら上記、電動工具を高価買取中!

WEBからのお申し込みは24時間受付中 ご依頼フォームはこちら